東京都小中学校のスクールカウンセラーについて(調査のお願い)

東京都在住・在勤の教育カウンセラーの皆さま

NPO日本教育カウンセラー協会
東京支部代表    藤川 章

東京都小中学校のスクールカウンセラーについて

時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

文部科学省の「スクールカウンセラー等活用事業」において、各都道府県において臨床心理士が優先選考されていることはご存じの通りです(約80%)。これに対し、スクールカウンセリング推進協議会は継続的に文部科学省に交渉を続け、スクールカウンセラーへの採用において機会均等になるよう申し入れるとともに、中期的・長期的な働きかけを行っているとことです。

東京都においては、本事業開始当初から中学校配置のSCは100%臨床心理士の採用でした。ただ、いくつかの区市町村が独自予算で小学校のSCを採用する際に、臨床心理士以外の他団体認定資格者も対象とし、この中に本協会の教育カウンセラーも含まれていました。

ところが、今春から小学校にも東京都教育委員会が直接SCを派遣することとなり、必然的に区市町村の独自採用は終了となったようです。

そこで、この実態を知るために、東京に在住の教育カウンセラーの皆様にお聞きします。

昨年度以前、東京都の区市町村で小学校のSCとして勤務していて、今春これが終了した方は、その状況を裏面のFAX通信表にてお知らせください。情報を集約し、都教委への交渉を検討したいと思います。

また、今後の対応についての協議に参加していただける方は、この通信表を使い、連絡をください。6月29日の東京教育カウンセラー協会総会後に会合をもちます。

よろしくお願いします。

日本教育カウンセラー協会東京支部    藤川 章 宛
(ストレス対処法研究所 FAX 03-6915-1955)
こちらまで送信してください。

<アンケート用紙>PDFファイルをダンロードする/Wordファイルをダウンロードする

タイトルとURLをコピーしました